スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遅れてやってきたインフルエンザの流行 

インフルエンザ、全国的な流行始まる(←リンク切れのため記事名でのGoogle検索結果にリンクしています)という記事より。

 今冬のインフルエンザの全国的な流行が始まったことが30日、国立感染症研究所感染症情報センターのまとめでわかった。昨冬に比べると5週遅い始まりで、過去10年間では2番目に遅いという。

このネタの続きを読む

スポンサーサイト

そう言えば遅いよね。インフルエンザの流行。 

インフルエンザ不気味な沈黙 流行に遅れという記事より。

 暖冬の影響なのだろうか? インフルエンザの全国的流行の始まりが今冬、例年に比べて遅いことが、国立感染症研究所の25日までのまとめで分かった。例年は12月の中~下旬に患者の報告数が急増するが、今シーズンは1月中旬に入っても少ないままだ。

このネタの続きを読む

子どもの誤飲事故、またもタバコがトップ 

子どもの誤飲事故、たばこが27年連続トップ(←リンク切れのため記事名でのGoogle検索結果にリンクしています)という記事より。

 誤飲事故で子どもが飲み込んだ物はたばこが3割を占め、調査開始以来27年連続でトップだった――。厚生労働省がまとめた05年度のモニター報告で、こんな結果が出た。

このネタの続きを読む

気になる数字・・・推計3950万 

HIV感染者3950万人 世界全地域で拡大(リンク切れのため記事名でのGoogle検索結果にリンクしています)という記事より。

 12月1日の「世界エイズデー」を控え、国連合同エイズ計画(UNAIDS)と世界保健機関(WHO)は21日、世界のHIV感染者(エイズ患者を含む)の2006年の推計総数を発表した。

このネタの続きを読む

笑いと病気の関係性を専門的に検証する試み 

笑う門には血糖値が下がる!?学会が検証へ(←リンク切れのため記事名でのGoogle検索結果にリンクしています)という記事より。

 お笑いブームが医療分野にも押し寄せる!? そんな、少し不謹慎なことが現実になるかもしれない。笑いと健康学会(会長・澤田隆治氏=帝京平成大学教授)が、笑いが血糖値を下げるという仮説を医学的に検証するため、糖尿病治療時の専門的な血液検査(グリコヘモグロビン検査)を取り入れた実験を来年2月にも行うからだ。

このネタの続きを読む

インフルエンザとワクチン接種(注意点含む) 

【主張】インフルエンザ ワクチンこそ最良の予防(←リンク切れのため記事名でのGoogle検索結果にリンクしています)という記事より。

 インフルエンザの季節がやってきた。急な高熱と頭痛、関節痛、それに喉(のど)の痛みやせきに誰もが、悩まされたことがあるだろう。

このネタの続きを読む

風邪のウイルスって実は結構・・・ 

風邪ウイルスの付着、ホテル客室で実験 米研究という記事より。

 風邪をひいたホテル宿泊客のウイルスは、テレビのリモコンや照明のスイッチなど客室内の至る所に付着し、数日後まで感染源となり得る――。米医師らによる研究で、こんな実験結果が報告された。

このネタの続きを読む

歯の定期検診を受けていますか? 

nikkeibp.jp歯の定期検診、過半数が「受けたことがない」という記事より。

マイボイスコムは7月4日、歯の健康に関する調査結果を発表した。それによると、歯科の定期検診を受けている人は3割に満たず、受診しない人の割合が依然多いという。

このネタの続きを読む

鳥インフルエンザ、人→人への感染経路確認 

CNN.co.jp鳥インフルエンザ、人間同士の感染を確認 WHO(←リンク切れのため記事名でのGoogle検索結果にリンクしています)という記事より。

東南アジアを中心に感染者が増大している高病原性鳥インフルエンザ(H5N1型)ウイルスについて、世界保健機関(WHO)の研究者がこのほど、人間から人間への感染を確認した、と発表した。人間に感染したウイルスの中には、突然変異したものが見つかっているという。

このネタの続きを読む

知ってるようでよく知らない、赤十字の世界 

日経BP社のSAFETY JAPANに次のような記事が掲載されていた。

これも赤十字マーク?知られざる赤十字の世界

スイス人アンリ・デュナンによって設立された赤十字社。

そのマークは非常になじみ深いモノではあるけれども、実は、よく知らなかったりする。

このネタの続きを読む

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。