スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もっとも地球に似た惑星を発見! 

「最も地球に似た惑星」欧州の天文台発見 表面に岩や海という記事より。

 欧州南天天文台(ESO)は24日、これまでに見つかった太陽系外惑星の中で「最も地球に似た惑星」を見つけた、と発表した。平均温度は0~40度で、生命の誕生に不可欠な液体の水が存在できる。表面は地球のように岩や海で覆われているとみられるという。

このネタの続きを読む

スポンサーサイト

惑星でなくなった冥王星の正式名称が決定 

冥王星は「準惑星」 日本学術会議が新名称という記事より。

 惑星から"格下げ"された冥王星などの小天体について、分類上の新たな名称を検討していた日本学術会議の小委員会は21日、冥王星を「準惑星」と呼ぶことを決めた。4月の同会議幹事会で正式決定する。

このネタの続きを読む

冥王星「惑星」除外でさまざまな反応 

冥王星除外に教科書困惑、プラネタリウム歓迎という記事より。

 「冥王星を太陽系の惑星から外す」という国際天文学連合(IAU)の24日夜の決定に、直接影響を受ける業界がある。教科書、百科事典の書き換えが必要になる出版社は困惑。一方でプラネタリウム業界は、天文への関心の高まりを歓迎。はっきり明暗が分かれた。

このネタの続きを読む

冥王星が惑星ではなくなった日 

冥王星外し、惑星数8に 国際天文学連合が新定義(リンク切れのため記事名でのGoogle検索結果にリンクしています)という記事より。

 チェコのプラハで総会を開いている国際天文学連合(IAU)は24日午後(日本時間同日夜)、惑星の新しい定義について採決し、太陽系の惑星を「水金地火木土天海」の8個として冥王星を惑星から外す案を賛成多数で可決した。冥王星は1930年の発見から76年で惑星の地位を失い、世界中の教科書が書き換えられることになった。

このネタの続きを読む

惑星の定義について大幅な修正案まとまる 

Brown教授のエントリを書いている間に、こんなニュースが。

太陽系惑星:冥王星除外…9→8に 天文学連合定義案修正(リンク切れのため記事名でのGoogle検索結果にリンクしています)という記事より。

チェコのプラハで総会を開いている国際天文学連合(IAU)は22日、惑星の定義案を大幅に修正、冥王星を惑星から外す最終案をまとめた。

このネタの続きを読む

とってもクールな新惑星候補天体の発見者Micheal Brown教授 

隠者裏庵さんの 『 下手なお偉い天文学者よりも… 』 というエントリより。(注:隠者裏庵さんのブログは閉鎖されたためにリンクをはずしています)
Brown教授の言うことはもっともだ。 今回トンデモ提案をしたIAUのお偉い学者よりもよほど理性的かつ常識的だと思う。

このネタの続きを読む

オスとメスと惑星記号 

惑星に関する新定義がマイブームな昨今、うろうろとネットをさまよっていると、惑星記号なるものがあることを初めて知りました。(参照:惑星記号の由来

現在惑星とされている9惑星(水・金・地・火・木・土・天・海・冥)すべてに、独自の記号があるということです。

このネタの続きを読む

国際天文学連合(IAU)総会で惑星の新定義について提案 

太陽系の惑星、一気に3個増か 国際天文学連合が新定義という記事より。

太陽系の惑星がこれまでの9個から一気に3個増え、12個になる可能性がでてきた。チェコ・プラハで開催中の国際天文学連合(IAU)総会で16日、惑星の新定義が提案されたためだ。

このネタの続きを読む

冥王星が惑星じゃなくなる日が来る? 

国際天文学連合:惑星とは? 「定義」総会で議決へ(リンク切れのためGoogleにリンクしています)という記事より。

 8月14日から25日までチェコ・プラハで開かれる第26回国際天文学連合(IAU)総会で、「惑星」の定義が決まるかもしれない。これまで惑星の科学的定義はなく、「冥王星は惑星と呼べるのか」などの議論が起きていたが、これらが決着するのではないかと注目されている。

このネタの続きを読む

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。