スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コーヒー好きには常識なのかもしれないけど・・・ 

コーヒー好きのみなさんには常識なのかもしれないけれど、外でコーヒーを頼もうとするといろいろな種類があって、よくわかんなかったりすることがあります。

まあ、頼むのはいつも同じだから、困らないと言えば困らないのですが・・・

で、注文したコーヒーを飲んでいる頃には、リラックスしてしまって、メニューを見たときの疑問はどこへやら・・・

時々感じるこの疑問。うまくまとめてくれているエントリがあったので、自分のために、それから、同じような疑問を感じている人のためにご紹介しておこうかと思います。

このネタの続きを読む

スポンサーサイト

キューピーマヨネーズが値上げ! 

キユーピーのマヨネーズ、17年ぶり値上げ 油高騰で-ビジネスのニュース:イザ!という記事より。

 キユーピーは8日、6月1日出荷分から、家庭用と業務用のマヨネーズの価格を引き上げると発表した。値上げは平成2年以来17年ぶり。

このネタの続きを読む

英チャールズ皇太子がマクドナルドを批判!? 

英皇太子がマックを批判、マックは反論という記事より。

 英BBCテレビによると、同国のチャールズ皇太子は27日、訪問先のアラブ首長国連邦(UAE)の糖尿病関係施設で、米ファストフードのマクドナルドの食品が健康に悪いと批判したともとれる発言をし、マクドナルド側が反論する騒ぎとなった。

このネタの続きを読む

牛丼の販売再開で完全復活に向けて動き出した吉野家 

吉野家、完全復活の兆し…牛丼「連日販売」奏功(←リンク切れのため記事名でのGoogle検索結果にリンクしています)という記事より。

 サラリーマンの味方、吉野家に復活の兆しが見えてきた。昨年12月から始まった牛丼の連日販売が奏功し、同月の既存店売上高が前年同月比19.3%増と大きな伸びを示したのだ。

このネタの続きを読む

マクドナルドの知られざる一面を見る? 

All Aboutどこまで知ってる?世界のマクドナルド事情という記事より。

世界中のあちこちで見かけるマクドナルド。異国の地で見かけると、なんとなく嬉しくなりませんか? 国によってメニューや特徴が違うので、お国柄も見えてきます。 日本では2007/1/12からメガマックを期間限定で販売中!そこで今回は、気になる世界のマクドナルド事情をドカンとご紹介します!

このネタの続きを読む

予想以上に売れているマクドナルドの特大ハンバーガー「メガマック」 

分厚さも売れ行きも倍…「メガマック」販売数を制限という記事より。

 日本マクドナルドは16日、期間限定で販売しているハンバーグ4枚入りの特大ハンバーガー「メガマック」が、予想を上回る売れ行きで安定供給できない恐れがあるため、17日から数量限定販売に切り替えると発表した。店によって販売数を1日20~100個に限定。一方で2月4日までを予定していた販売期間は延長する。いつまで延長するかは未定。

このネタの続きを読む

ビッグマック× 2 = メガマック@マクドナルド 

通常の2倍!「メガマック」来月限定発売(←リンク切れのため記事名でのGoogle検索結果にリンクしています)という記事より。

 日本マクドナルドは20日、主力商品「ビッグマック」の2倍となるビーフが4枚入った「メガマック」を、期間限定で発売すると発表した。

このネタの続きを読む

ヘルシーな果物 『 柿 』 

柿と言えば、今がシーズン真っ盛り。

柿には、ビタミンC、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンA、ミネラルなど、さまざまな栄養素がたっぷり詰まっています。

その中でも驚くのはビタミンC。

ミカンなどの柑橘類に多く含まれているのは有名な話ですが、それに引けをとらないぐらい柿の中にもビタミンCが含まれているんだそうです。

これからの季節に気になる風邪の予防や、お肌の健康維持に効果が期待できそうですね。

さらに・・・

このネタの続きを読む

「和牛」とは? 「黒豚」とは? 

「黒豚」「和牛」表示は国産のみに限定へ(←リンク切れのため記事名でのGoogle検索結果にリンクしています)という記事より。

 農林水産省は31日、食肉の表示に関する検討会を立ち上げた。「和牛」や「黒豚」という名称は国産のイメージが強いが、実際には輸入肉などについても、これらの表示がなされているのが現状。誤解を避け、消費者に分かりやすくするため、「和牛」「黒豚」の表示は国産に限るといった厳格化を検討する。

このネタの続きを読む

吉野家、牛丼抜きで猛烈な巻き返しをはたす。 

nikkeibp.jp吉野家D&Cの3―5月期、2億6200万円の黒字に、コスト抑制が奏効(リンク切れのため記事名でのGoogle検索結果にリンクしています)という記事より。

吉野家ディー・アンド・シーが6月30日に発表した2006年3月―5月期の連結業績は、最終損益が前年同期から3億6800万円増加し、2億6200万円の黒字に転じた。「吉野家」チェーンの売上げが伸びたほか、低コスト化が寄与した。

このネタの続きを読む

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。