スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

iPhoneの導入をはかるNTT DOCOMO 

ドコモ、「iPhone」導入に意欲 米アップルと交渉へ!という記事より。

 NTTドコモは19日、携帯音楽プレーヤー「iPod(アイポッド)」に携帯電話機能を加えた米アップル社の新端末「iPhone(アイフォン)」の日本導入を目指し、同社と交渉を進める方針を明らかにした。

このネタの続きを読む

スポンサーサイト

携帯電話でWikipediaを使う! 

「goo Wikipedia記事検索」の携帯電話対応についてというプレスリリースより。

 NTTレゾナント株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:和才 博美)は、インターネットポータルサイト「goo」で提供中の記事検索サービス「goo Wikipedia記事検索」の携帯電話対応を図り、本日より、携帯電話向け検索サイト「モバイルgoo」での記事検索と参照機能を提供します。

このネタの続きを読む

正式版になったモバイルGmailはこう変わった! 

モバイルGmail"正式版"でできること、できないことという記事より。

 今まで一部の携帯からGmailが使えた理由は「海外向けのサービスとして作っていたものがたまたま日本からも使えたので、わざわざ遮断するのもおかしいだろう、ということで開放していたもの」(グーグルの石原直樹ビジネスプロダクトマネージャー)だという。今回、モバイルGmailが日本の3キャリアに対応した"正式版"となって、どう変わったのだろうか。

このネタの続きを読む

携帯電話の電波に安全宣言!? 

携帯3社「電波の安全性を確認」 4年以上の細胞実験でという記事より。

 NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクモバイルの携帯電話3社は24日、携帯電話基地局から発信される電波について、生体に与える影響の調査結果をまとめた。4年以上に及ぶ細胞実験を実施し、がんや遺伝子などへの影響がないことを確認した。電波が健康に悪影響を及ぼすという不安を払拭(ふっしょく)する狙いがある。

このネタの続きを読む

スマートフォンをこえる携帯電話iPhoneの発売を発表した米アップル。Apple ComputerからAppleへ社名変更も発表。 

「iPhone」で携帯電話市場に殴り込み 米アップルという記事より。

 米アップル・コンピュータのスティーブ・ジョブスCEO(最高経営責任者)は9日、携帯電話ビジネスへの参入を明らかにするとともに、同社が消費者向け電機製品の比率を高めていることを反映し、社名を単に「アップル」と改称することを発表した。

 6月に米国で499ドル(約6万円)で発売される「iPhone」は、タッチスクリーン操作、音楽再生、ネットサーフィンなどの機能を持ち、同社のパソコン、マッキントッシュと同じOS(基本ソフト)を搭載している。ジョブス氏は、iPhoneが、携帯などの無線コミュニケーションを「再発明」し、現在のスマートフォンを「超越」するものだと強調した。

このネタの続きを読む

iモード向け無料災害防災関係総合ポータルサイトが始動 

iモード向け無料災害情報サイト「防災@nifty」が登場という記事より。

 ニフティとネットドリーマーズは共同で、災害防災関連情報の総合ポータルサイト「防災@nifty」を、12月18日からiモード向けに提供する。利用料金は無料。

このネタの続きを読む

三菱製ドコモ携帯電話で電池が破裂するおそれが・・・ 

ドコモの携帯電話で電池破裂 三洋子会社製、130万個回収という記事より。

 NTTドコモと三菱電機は7日、「FOMA D902i」(平成17年11月発売)の電池パックに異常過熱・破裂した製品があったため、130万個を無償回収・交換すると発表した。

このネタの続きを読む

年間259トンの携帯電話充電器・・・ 

やっと…携帯充電器の規格統一へ 第4世代に合わせという記事より。

経済産業省は31日までに、機種によって異なる携帯電話の充電アダプターの規格を統一する方針を明らかにした。

このネタの続きを読む

携帯電話の番号ポータビリティ制度、開始日決定! 

番号ポータビリティの開始日、10月24日に決定という記事より。

携帯電話会社を変えても電話番号を引き継げる番号ポータビリティ制度が、10月24日から開始されることが決定した。

このネタの続きを読む

携帯電話は雷を呼ぶのか? 

Infoseek ニュースの『雷雨の時は携帯使用に注意を=落雷で死亡例も-英医学誌 (AFP=時事)(注:リンク切れのためタイトル名でのGoogle 検索へリンクしています)』という記事より。

 英医学誌ブリティッシュ・メディカル・ジャーナル(BMJ)最新号によると、雷雨のさなかに戸外で携帯電話を使うと、稲妻が携帯使用者に危害を及ぼす恐れがあることが、英国の医師3人のケーススタディーで分かった。この研究では、悪天候下の公園で携帯電話を使っていて落雷に遭った15歳の少女の例を取り上げて詳述している。

このネタの続きを読む

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。