スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マイクロソフトを騙るスパムメールが発生中! 

メールで届く「Internet Explorer 7.0 Beta」にご用心という記事より。

 日本時間の5月7日以降、「Internet Explorer 7.0 Beta」というタイトルの電子メールが大量に送信されている。しかしその実態はタイトルとはまったく異なる。Microsoftとは無関係のWebサイトにユーザーを導き、ダウンローダをインストールさせようとする悪意あるスパムメールの一種だ。

このネタの続きを読む

スポンサーサイト

Google Calenderでパスワード流出?! うっかりミスに注意!! 

Google Calendarでパスワード流出の恐れ、ユーザー設定に注意

 Google Calendarにパスワードなどを保存して公開設定にすると、その情報が外部に流出してしまう恐れがあるとして、セキュリティ関係者らが注意を呼び掛けている。

このネタの続きを読む

Photoshopに深刻な脆弱性が! 

Photoshopに深刻な脆弱性という記事より。

Adobe Photoshopの脆弱性が発覚。仏FrSIRTによると、細工を施したファイルをユーザーが開くと、攻撃者がシステムを完全に制御することができてしまう。

このネタの続きを読む

トリックURLという名の個人識別URLの存在を知っていますか? 

“トリックURL”をクリック、あなたが誰だか筒抜けになるという記事より。
Webサイトにアクセスしても、個人情報を明かさなければ、サイト運営者にはあなたが誰だか分からない──セキュリティの基礎としてよく見る記述である。ワンクリック詐欺のような、いきなり利用料金を請求する表示が出ても無視してかまわない、という説明が続くこともある。

このネタの続きを読む

ミスリーディングアプリケーションって何?という人へ 

PC世界のリフォーム詐欺、「ミスリーディングアプリ」って何だ?という記事より。
 この1年、新たなセキュリティリスクとして「ミスリーディングアプリケーション」について注意が呼び掛けられるようになった。ミスリーディングアプリケーションは、「詐欺的ソフトウェア」「偽セキュリティ対策ソフトの押し売り」などとも呼ばれているが、いったいどんな手口なのだろうか? そして、「お小遣い稼ぎ」の手段として広く知られるようになったアフィリエイトプログラムとは、どんな関係があるのだろうか?

このネタの続きを読む

Windowsヘルプファイルにご注意!セキュリティホールが発覚 

不正なヘルプファイルにご用心――Windowsヘルプに新しいセキュリティホールという記事より。
米SANSは、Windowsのヘルプ機能に、8月9日に公開されたヘルプの脆弱性とは別のセキュリティホールがあるとして、注意を呼びかけている。

このネタの続きを読む

個人情報流出に関する誤解 

個人情報の盗難、「オンライン経由が一番多い」は誤解という記事より。
 米国の非営利団体Identity Theft Resource Centerとシュレッダーメーカーの米Fellowesが、個人情報の盗難に関する意識調査を行った。これによると、個人情報盗難に関する意識は非常に高いものの、実態についての誤解も多いことが分かった。

このネタの続きを読む

マイクロソフトのインターネットエクスプローラーにまた脆弱性発覚 

IEにまた未パッチの脆弱性という記事より。
この脆弱性を悪用すると、脆弱なシステム上で任意のコマンドを実行したり、ブラウザをクラッシュさせることができてしまう。

このネタの続きを読む

ワンクリ詐欺に新手口。偽の退会確認ボタンに要注意!! 

偽の退会確認ボタンからメールアドレスを盗み取る手口に警告という記事より。
 フィッシング対策ソリューションを提供しているセキュアブレインは18日、「メール送信を行なうワンクリック詐欺サイト」が発見されたとして注意を呼びかけた。

このネタの続きを読む

マイクロソフト、緊急5件を含む7件の月例パッチを公開 

窓の杜 - 【NEWS】MS、“Office”に関する“緊急”の脆弱性修正を含む計7件の月例パッチを公開という記事より。
 マイクロソフト(株)は12日、毎月公開されるセキュリティ修正プログラムの7月版として、修正プログラムと対応する脆弱性情報を公開した。今月公開の脆弱性7件のうち、深刻度が4段階中最高の“緊急”レベルと判定された脆弱性は5件で、「MS Office」製品に関するものが3件、Windowsに関するものが2件となっている。

このネタの続きを読む

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。