スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オスとメスと惑星記号 

惑星に関する新定義がマイブームな昨今、うろうろとネットをさまよっていると、惑星記号なるものがあることを初めて知りました。(参照:惑星記号の由来

現在惑星とされている9惑星(水・金・地・火・木・土・天・海・冥)すべてに、独自の記号があるということです。

水星、金星、火星、木星、土星に関しては15世紀ごろから占星術界で使われていたらしく、結構歴史の古いものです。

ちなみに、当時は天動説の時代なので、地球には惑星記号がなかったそうです。

惑星記号はそれぞれ惑星の名前の語源となった神さまの特徴を取り入れた記号となっているのですが、金星の惑星記号は♀、火星の惑星記号は♂(←実際は直立してます)です。

今回初めて知ったのですが、オスメスの記号はこの惑星記号がもとになっているのでした。

てっきり男女の性器の特徴から作られた記号だと思っていました。ルパン三世(アニメじゃなくて原作マンガの方ね)にもよく出てきてましたし・・・。

惑星記号♀の金星は、ローマ神話に出てくる美と愛の女神Venus(ウェヌス、ヴィーナス、ビーナス)が語源。記号はVenusが持っている手鏡を表しているんだとか。

うーん、確かに女性っぽい。

そして、惑星記号♂の火星は、ローマ神話に出てくる戦いと農耕の神Mars(マルス、マーズ)が語源。記号はMarsが持っているやりを表しているそう。

なるほど。戦い=男って感じですか。なんかステレオタイプな感じもしますが・・・。

ちなみに、この♂♀をオスメスの意味で一番最初に使ったのは、18世紀スウェーデンの博物学者、生物学者、植物学者カール・フォン・リンネ。

う~ん、またひとつ勉強になった。

ちなみに、ちなみに、戦いの神Marsは軍神としてグラディウス(グラディーウゥス、Gradivus, 進軍する者の意)という異称でも呼ばれているらしい。

おぉ、あの横スクロールシューティングゲームの名作グラディウスの名前はここから来ていたのね。

スポンサーサイト

【オススメ】無料でできる英語学習SNS『iKnow』

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://neta55.blog71.fc2.com/tb.php/100-f4b77a39

トラックバックは、管理人ネタ55の承認後表示されます。承認までしばらくお待ちください。
なお、記事中に言及リンク(ブログのURL)が含まれていない場合は、トラックバックがはじかれる設定になっていますので、ご了承ください。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。