スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

冥王星が惑星ではなくなった日 

冥王星外し、惑星数8に 国際天文学連合が新定義(リンク切れのため記事名でのGoogle検索結果にリンクしています)という記事より。

 チェコのプラハで総会を開いている国際天文学連合(IAU)は24日午後(日本時間同日夜)、惑星の新しい定義について採決し、太陽系の惑星を「水金地火木土天海」の8個として冥王星を惑星から外す案を賛成多数で可決した。冥王星は1930年の発見から76年で惑星の地位を失い、世界中の教科書が書き換えられることになった。

ついに国際天文学連合(IAU)総会で結論に達したようです。

太陽系の惑星の定義は

「太陽の周りを回り、十分重いため球状で、軌道近くに他の天体(衛星を除く)がない天体」

ということになり、

これは、近くにあった天体のほとんどを吸収して、軌道上で圧倒的に大きな重さを占めるようになった天体を意味し、定義の脚注で「水金地火木土天海」の8個のみと明記された。

ということです。

冥王星惑星の定義からははずれ、矮惑星(わいわくせい:dwarf planet)ということになりました。

矮惑星の定義は

「太陽の周りを回り、十分重いため球状だが、軌道近くに他の天体が残っている、衛星でない天体」

とされています。

この矮惑星の範疇には、冥王星だけではなく、惑星候補となっていた「2003UB313」、火星と木星の間にある小惑星で最大の「セレス(ケレス)」などが含まれるそうです。

詳しくは、国立天文台 アストロ・トピックス (233):(速報)太陽系の惑星の定義確定 質問のこたえ5-8「惑星の定義とは?」:国立天文台をご覧ください。(参考:この件に関する国際天文学連合(IAU)のページ(英語)

スポンサーサイト

【オススメ】無料でできる英語学習SNS『iKnow』

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://neta55.blog71.fc2.com/tb.php/110-9536ce5e

トラックバックは、管理人ネタ55の承認後表示されます。承認までしばらくお待ちください。
なお、記事中に言及リンク(ブログのURL)が含まれていない場合は、トラックバックがはじかれる設定になっていますので、ご了承ください。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。