スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

携帯電話は雷を呼ぶのか? 

Infoseek ニュースの『雷雨の時は携帯使用に注意を=落雷で死亡例も-英医学誌 (AFP=時事)(注:リンク切れのためタイトル名でのGoogle 検索へリンクしています)』という記事より。

 英医学誌ブリティッシュ・メディカル・ジャーナル(BMJ)最新号によると、雷雨のさなかに戸外で携帯電話を使うと、稲妻が携帯使用者に危害を及ぼす恐れがあることが、英国の医師3人のケーススタディーで分かった。この研究では、悪天候下の公園で携帯電話を使っていて落雷に遭った15歳の少女の例を取り上げて詳述している。

この少女は、落雷後回復はしたものの、1年後には車椅子生活を強いられ心身共に問題を抱え、携帯電話をあてていた左耳の鼓膜にひどい穴があいているらしい。

コワイ・・・

この研究をした医師3人は

屋外で携帯を使用中に落雷に遭って人が死亡したという記事を3件見つけた。

ということなのですが、3件って少なくない?

しかも、

2005年に中国、04年に韓国、99年にマレーシアで起きていた

って、全世界で1年に1件ということですか?

落雷で死亡している人なんて、世界中でもっともっとたくさんいるんじゃないの?

この記事だけを見ると、携帯電話を使用中に落雷にあって死亡した割合なんて微々たるもんじゃないのか? という疑問を感じざるをえない。

まあ、あえて雷が鳴っている時に携帯を耳に当てようとは思わないが・・・。

機会があれば原文にあたってみたい。

・・・と思っていたら、こんなものを発見。

雷の時は携帯電話は使わないで下さい(健康と医学) / 科学ニュースあらかると - 携帯電話と落雷,落雷事故

なんとなーく、納得しました。ハイ。

要するに、携帯電話に直接雷が落ちるんじゃなくて、携帯電話を持ってると、人体の表面ではなく体内を雷の電流が流れやすくなってしまうということだそうで・・・。

スポンサーサイト

【オススメ】無料でできる英語学習SNS『iKnow』

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://neta55.blog71.fc2.com/tb.php/12-89669a51

トラックバックは、管理人ネタ55の承認後表示されます。承認までしばらくお待ちください。
なお、記事中に言及リンク(ブログのURL)が含まれていない場合は、トラックバックがはじかれる設定になっていますので、ご了承ください。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。