スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インフルエンザとワクチン接種(注意点含む) 

【主張】インフルエンザ ワクチンこそ最良の予防(←リンク切れのため記事名でのGoogle検索結果にリンクしています)という記事より。

 インフルエンザの季節がやってきた。急な高熱と頭痛、関節痛、それに喉(のど)の痛みやせきに誰もが、悩まされたことがあるだろう。

冬が近づき、徐々に乾燥した天気が続くようになってきました。これからの時期には、インフルエンザには要注意です。

上記記事によると、なんと、

インフルエンザによる死者も、昨年は1788人を記録した。

ということで、思っていたよりもすごく多い印象です・・・。

高齢者や幼い子ども達にとっては、命にも関わる危険な者であるという認識はあるかと思いますが、慢性疾患(心臓病、糖尿病、肝臓病など)のある人も要注意らしく、

肺炎や気管支炎といった合併症を引き起こしたり、持病を悪化させたりする恐れがある

んだそうです。

このように危険なインフルエンザに対して、ワクチンの接種を受けるということが対策のひとつで、実際に接種を受けている人も多いかと思います。

ワクチンの接種を受ける際には、

卵に対する強いアレルギーがある人や熱の出ているときは、接種を避けなければならない

そうです。

熱が出ている時はダメというのは知っていたけれど、卵に対するアレルギーがある人は接種を避けなければいけないというのは、今回初めて知りました。

今まで何度と無くワクチンの接種を受けてきたり、ワクチンの情報を目にしたりしているはずなのに、知ってるようで知らないことがあるということを再認識した記事でした。

インフルエンザが気になる人は、よく読んで対策しておきましょう。

スポンサーサイト

【オススメ】無料でできる英語学習SNS『iKnow』

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://neta55.blog71.fc2.com/tb.php/131-7780e1df

トラックバックは、管理人ネタ55の承認後表示されます。承認までしばらくお待ちください。
なお、記事中に言及リンク(ブログのURL)が含まれていない場合は、トラックバックがはじかれる設定になっていますので、ご了承ください。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。