スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大容量USBメモリーを導入する好機が到来! 

デジタルARENA知らないと損をする!? USBメモリーのマル得情報という記事より。

1GBものUSBメモリーが2000円台に突入し、6月23日現在ついに2580円になりました(通販サイト「PCサクセス」の価格)。昨年末には6980円でしたが、春先に4980円、さらに5月に急落して2980円になった後、さらに徐々に値を下げています。512MBにいたっては、たったの1500円で販売されています。

これはノーブランドのUSBメモリーですが、ブランドがついているものもかなり値下がりしていますね。

手軽に大容量のデータを持ち運べるという点で、他の追随を許さないUSBメモリー。使っている方も多いのではと思いますが、これから使ってみようという人でWindows98を使っている人は要注意。

Windows MeやXPでは、USBドライバーを別途用意する必要はありませんが、98では、ドライバーをインストールしないと認識できません。

 アイ・オー・データ機器ではすでにサポート対象外になっていますが、バッファローでは自社のウェブサイトで公開しています。もし出先で、98が入った古いパソコンにUSBメモリーをつなぐ可能性があるなら、バッファロー製品を選ぶとよいでしょう。

ということですので、参考にして下さい。

ネタ55もUSBメモリーを使っていますが、使うPCが変わってもデータを一元管理できるので、とても便利に使っています。複数台のPCを使う環境にある人は、ぜひ導入を検討してみて下さい。

ただし、定期的なバックアップと情報流出防止のための管理だけはしっかりとしておきましょう。大容量なだけに、データが飛ぶと悲惨です(体験済)。

スポンサーサイト

【オススメ】無料でできる英語学習SNS『iKnow』

コメント

あちらではお褒めいただき(*^^*ゞ。
元々情報は持っていたので、上手くオチ付けられそうだなと、コメント付けてみたんですよ。
実際に製品化されたものや元ネタが見つかれば見つかればベストだったのですが・・・。
それはおいといて、IOのUSBメモリですが無条件切捨てではなく、シリーズによって、ですよー。
大元のユニットが複数有って、そのユニットにより差があるのだと思われます。
動作不能のユニットを使っているものは曖昧にせず、はっきり動作不能と書いてあるし、サポートも親切なので安心感はIOの方が上です、5年保証モデルもあるしねー。

興味深い情報だった上に、充分具体的な提言だったかと思いますよ(^_^)

いろいろ考えるきっかけになるコメントだったのではないでしょうか。

そして、今回も超具体的な情報をありがとうございます<(_ _)>

よろしければ、これからもお立ち寄りください。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://neta55.blog71.fc2.com/tb.php/14-ceb87aa2

トラックバックは、管理人ネタ55の承認後表示されます。承認までしばらくお待ちください。
なお、記事中に言及リンク(ブログのURL)が含まれていない場合は、トラックバックがはじかれる設定になっていますので、ご了承ください。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。