スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お手軽に見えるブログに潜むリスクに備える4つのポイント 

Winny弁護団事務局長が語るブログリスクと対策の4ポイントという記事より。
ブログやソーシャルネットワーキングサービス(SNS)をビジネスの視点でとらえ、マーケティングや広告、企業内外での活用について紹介するイベント「Business Blog & SNS World」が11月16日から17日に開催された。

このイベントの中で、Winny弁護団事務局長としても有名な弁護士である壇俊光氏による「ブログのリスクと対策~Web 2.0時代のリスクマネージメント」というセッションが行われたということです。

この中では、ビジネスにおけるホームページとブログの役割などが語られたようですが、それとともに、ネット上でのトラブルに関する話もあったようで
「インターネットの大原則」として、ホームページやブログで情報を公開する際に認識しておくべき4つの原則を紹介した。
ということです。

簡単に言うと
1. 「インターネットは世界中に公開されている」
2. 「インターネットの利用者の中には、変わった人も多くいる」
3. 「インターネットに流出した情報は抹消できない」
4. 「インターネットにおける犯罪は捜査が困難だ」
という4点だそうです。

詳しくはリンク先の記事を読んでいただくとして、この4つの中で、特に1番目と3番目についてあまりにも認識がないままブログもしくはホームページを作成・更新している人が多いように感じました。

ホームページやブログを持っている人は、一度この4つのポイントを再確認するのが吉かも。


スポンサーサイト

【オススメ】無料でできる英語学習SNS『iKnow』

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://neta55.blog71.fc2.com/tb.php/148-2e3084ed

トラックバックは、管理人ネタ55の承認後表示されます。承認までしばらくお待ちください。
なお、記事中に言及リンク(ブログのURL)が含まれていない場合は、トラックバックがはじかれる設定になっていますので、ご了承ください。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。