スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

YouTubeからJASRACをはじめとする23団体へ回答が送られてきた 

ユーチューブが著作権侵害で回答:「日本でのビジネス展開を検討」という記事より。
 社団法人日本音楽著作権協会(JASRAC)や社団法人日本映像ソフト協会(JVA)をはじめとする日本の著作権関連の23団体・事業者は12月19日、12月4日付けでYouTubeに送付した著作権侵害行為の事前防止策の要請について、回答があったと発表した。

どうするYouTube&Google・・・JASRACなど23団体が著作権侵害防止要請でお伝えしたように、JASRAC(社団法人日本音楽著作権協会)など23団体がYouTubeに対して要請文書を送っていたわけですが、期限となっていた15日に、それに対する回答がYouTubeより送られてきたようです。

日本進出を前提として、上級者(役員のこと?)を訪日させての話し合いを行いたいということだそうです。ただし、少人数での運営しているため日程調整の猶予も求めています。

さらに、著作権侵害動画を排除する根本的な技術的対策と、それまでの暫定的対策を講じるように要請したことに対すしての回答は、

1.著作権に関する注意事項を日本語で掲載する用意がある
2.利用者認証の改善
3.YouTubeに対する削除請求簡易ツールの提供

これとともに、YouTube側は、2に関して「これまでも行ってきたが」という但し書きをつけ、また、利用規約違反者のアカウント削除にも努めてきたよと主張しています。

回答を見ると、暫定的対策のみで、根本的な技術的対策については何ら触れられていないようですね。

ま、その点を話し合いで出してくるのかもしれませんが・・・

今後の成り行きに要注目ですね。


スポンサーサイト

【オススメ】無料でできる英語学習SNS『iKnow』

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://neta55.blog71.fc2.com/tb.php/169-2f61dfde

トラックバックは、管理人ネタ55の承認後表示されます。承認までしばらくお待ちください。
なお、記事中に言及リンク(ブログのURL)が含まれていない場合は、トラックバックがはじかれる設定になっていますので、ご了承ください。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。