スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「冥王星される」とは? 

サボってると「冥王星」される!…米06年の言葉という記事より。

サボってばかりいると冥王星(プルート)される? 北米英語の研究者らで作る米方言学会は、8日までに2006年を代表する言葉「ワード・オブ・ザ・イヤー」に「降格」「格下げ」を意味するようになったプルート(Pluto=冥王星)を選んだ。

当ブログでも頻繁にお伝えしてきたように、昨年、国際天文学連合総会で第9惑星から「矮惑星」に格下げされた冥王星。

その冥王星が、アメリカでは動詞としても使われるようになったという記事。

「ググる」にも見られるように、有名になった名詞は、自然と動詞としても使われ出すようです。

しかし、こんな意味で使われ出したのでは、冥界の神プルートも嘆いているかも?

スポンサーサイト

【オススメ】無料でできる英語学習SNS『iKnow』

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://neta55.blog71.fc2.com/tb.php/174-cff065ca

トラックバックは、管理人ネタ55の承認後表示されます。承認までしばらくお待ちください。
なお、記事中に言及リンク(ブログのURL)が含まれていない場合は、トラックバックがはじかれる設定になっていますので、ご了承ください。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。