スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

電子レンジで消毒しようとして発火・・・よーく、考えようよ 

「電子レンジでスポンジ消毒」に苦情が続出(リンク切れのため記事名でのGoogle検索結果にリンクしています)という記事より。

 電子レンジで台所の食器洗い用スポンジが消毒できる――。米フロリダ大がこのほど発表した研究に、実際に試した人たちから苦情が続出している。乾いたスポンジを加熱してしまい、火事になりかけたケースもあるようだ。

どういうことかというと、

フロリダ大の研究チームによれば、汚水に浸しておいたスポンジを電子レンジで2分間加熱したところ、スポンジ中のさまざまな細菌やウイルス、寄生虫が死滅することが分かった。

ということなのですが・・・

この報道を見た一般の人達が試してみて、失敗しちゃったよという話です。

どんな失敗かというと、

「実験の記事に興味を持ってスポンジを電子レンジに入れてみたところ、スポンジに火がついた。家の中が煙だらけになり、電子レンジも壊れてしまった」という内容。また「スポンジは使えなくなったし、、家中にタイヤの焼けたようなにおいが充満して、窓を開けても数時間消えなかった」との報告もあった。

という風なことになっているのですが・・・チョット待てい!

常識で考えたら分かるんじゃないの?

Wikipediaの電子レンジの項目の説明によると、

マイクロ波が照射されると、極性をもつ水分子を繋ぐ振動子が振動エネルギーを吸収して振動をし始め、エネルギー準位を上げていく。すると、所謂、結合の手(振動子)を放して蒸発することになる。電子レンジはこの性質を利用している(マイクロ波加熱)。

ということ。

水分を含まないものを電子レンジに入れるのは愚の骨頂ではと。

ま、そんなことを考えない人も当然いるわけで、

大学側は報道機関からの知らせを受け、ただちに「家庭で消毒する際は、スポンジが完全にぬれていることを確認すること」という警告を出した。警告文はさらに、「消毒は2分間でほぼ完了する」と強調。「金属材料が使われているスポンジは避け」「熱くなったスポンジをレンジから取り出す際には十分に注意する」よう呼び掛けている。

ということです。

ちなみに、Wikipediaの電子レンジの項目には、

食品の加熱・解凍以外の用途に電子レンジを使用することは、原則的に各メーカーは禁止している。湿布や湯たんぽなど調理以外の用途に電子レンジを使う商品も出回っているが、扱いは慎重に行う方が望ましい。ドライフラワーを作るのに電子レンジを利用する方法もあるが同様である。

という記述も。

スポンサーサイト

【オススメ】無料でできる英語学習SNS『iKnow』

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://neta55.blog71.fc2.com/tb.php/207-7ce6fb33

トラックバックは、管理人ネタ55の承認後表示されます。承認までしばらくお待ちください。
なお、記事中に言及リンク(ブログのURL)が含まれていない場合は、トラックバックがはじかれる設定になっていますので、ご了承ください。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。