スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハワイにある年間40万ドルの木とは? 

「この木なんの木」金なる木! 日立CMのシンボルツリー年40万ドルという記事より。

 ハワイ・オアフ島の公園「モアナルア・ガーデンズ」にあるモンキーポッドの木を企業シンボルとする日本の電機大手、日立グループが、今後の木のイメージ使用料として年額40万ドル(約4800万円)の10年契約に合意した。

年間40万ドルの木とは、日本人なら誰でも知っている「このー木何の木気になる木」でした。

この木をシンボルとして使っているのは日立グループなのですが、なんと1973年から使い続けているそうです。

これまでの契約では、年間使用料2万ドル(約244万円)だったのですが、オーナーの代替わりで契約内容が一新され、年間使用料40万ドル(約4847万円)になったんだとか。

一気に20倍ですか・・・

スゴイですねぇ・・・

ま、この木が生えているモアナルア・ガーデンズの年間維持費が60万ドルかかるらしいので、今までの値段が安すぎたのかもしれませんね。

双方が合意した契約なので、外野がどうこういうもんでもないでしょう。

それに、あの木とあの歌が聴けなくなると、なんとなく寂しい感じもしますしねぇ。

ちなみに、「このー木、何の木」はモンキーポッドという種類の木で、

「日立の樹」は樹齢100年。高さは約15メートルで、左右対称の傘のような形が特徴。天然記念物にも登録されており、ハワイの樹木を管理するツリーズ・オブ・ハワイのアブナー・アンダン代表は「おそらく世界でもっとも美しいモンキーポッド」と話す。通常、成熟したモンキーポッドは1本5000-2万ドルだが、「日立の樹」は企業シンボルとして使われていなくても15万-17万5000ドルの価値

だそうです。

スポンサーサイト

【オススメ】無料でできる英語学習SNS『iKnow』

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://neta55.blog71.fc2.com/tb.php/208-7eef1188

トラックバックは、管理人ネタ55の承認後表示されます。承認までしばらくお待ちください。
なお、記事中に言及リンク(ブログのURL)が含まれていない場合は、トラックバックがはじかれる設定になっていますので、ご了承ください。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。