スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パナソニック、デジカメLUMIX(ルミックス)最新モデル発表 

女性・団塊を狙い撃ち 松下デジカメ春モデル6種という記事より。

 松下電器産業は31日、デジタルカメラ「ルミックス」シリーズの春商戦向け新商品6機種を2月9日から順次発売すると発表した。団塊世代を意識し大型液晶モニターを採用したモデルや若い女性がスタイリッシュに使いこなせる世界で最も薄いモデルを投入するなど、ターゲットとなる世代を明確にしたのが特徴だ。  【引用元:イザ!2007年1月31日(以下同)】

個人的にPanasonicのデジカメLUMIXの新モデル発表は大変気になるところです。

なぜって・・・

実は、最近LUMIXを買っちゃったんですわ。

コンパクトなサイズで光学10倍ズームが可能なLUMIX DMC-TZ1を。

今回の記事で一番に目がいったのも、

 業界初の団塊世代向けという「DMC-TZ3」(実勢価格4万7000円前後)は、新開発した同社として最も薄い約0・95ミリのレンズを搭載。横105ミリ、縦59・2ミリ、厚さ36・7ミリという、光学10倍ズームレンズ搭載機種では世界最小を実現。被写体や撮影した写真が見やすい3・0型の大型液晶モニターも採用した。

という部分でした。

団塊世代じゃないのに買っちゃったんですけど・・・

ま、そんなことはおいといて、このDMC-TZ3は、広角28mmからの光学10倍ズームということで、TZ1を使っていて不満に感じるであろう点をうまく解消している感じがします。

ま、TZ1を買っちまったネタ55には関係のない話なんですがね・・・orz

いやー、でもね、実際TZ1を使っていて結構満足しているので、コンパクトに光学ズームが欲しい人には新発売のDMC-TZ3は結構オススメだと思いますよ。

もっともコンパクトとは言うものの、ある程度の大きさはあるので、もし興味があるのなら、その点はしっかりと実物で確認しておくが吉かと。

最新機種について、スペックなどをじっくりと見たい方は、パナソニックのLUMIXサイト 「 デジタルカメラ LUMIX(ルミックス)|Panasonic 」でチェックしましょう。

ちなみに、DMC-TZ3のページは 「 DMC-TZ3 | デジタルカメラ LUMIX(ルミックス)|Panasonic 」 です。

また、ITmedia +D LifeStyleでは、結構詳しく伝えられています。

ITmedia +D LifeStyle:“お嬢様”と“奥様”のための新「LUMIX」 (1/2)
ITmedia +D LifeStyle:キュートでカラフルなコンパクトスリム“LUMIX”「DMC-FS1」
ITmedia +D LifeStyle:松下、乾電池が使えるコンパクトズーム「DMC-LZ7/LS75」
ITmedia +D LifeStyle:光学12倍ズーム&トリプルブレ補正の「DMC-FZ8」登場

さらに、デジカメWatchにも機種別のインプレッションがあります。

パナソニック、手ブレ補正搭載の低価格モデル「LUMIX DMC-LS75」
パナソニック、6倍ズームの乾電池対応機「LUMIX DMC-LZ7」
パナソニック、ISO3200対応の手ブレ補正機「LUMIX DMC-FS1」
パナソニック、28mmレンズで世界最薄「LUMIX DMC-FX30」
パナソニック、RAW撮影に対応した12倍ズーム機「LUMIX DMC-FZ8」
パナソニック、28mmからの10倍ズームモデル「LUMIX DMC-TZ3」

スポンサーサイト

【オススメ】無料でできる英語学習SNS『iKnow』

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://neta55.blog71.fc2.com/tb.php/212-05b470dc

トラックバックは、管理人ネタ55の承認後表示されます。承認までしばらくお待ちください。
なお、記事中に言及リンク(ブログのURL)が含まれていない場合は、トラックバックがはじかれる設定になっていますので、ご了承ください。

LUMIX春モデル6機種(パナソニック:デジタルカメラ)

「LUMIX春モデル6機種(パナソニック:デジタルカメラ)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。 =...
  • [2007/02/02 01:31]
  • URL |
  • ブログで情報収集!Blog-Headline/life |
  • TOP ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。