スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アマゾンが仮想商店街事業に参入! 楽天市場、ヤフーショッピングと三つ巴の戦いか? 

「アマゾン」が仮想商店街に参入 ブランド力武器 楽天、ヤフーに殴りこみ 【 ネタもと:イザ! 】
 ネット書籍販売大手のアマゾンジャパンが、さまざまな商品を販売する小売店を集めたネット上の「仮想商店街」の開設に向け、具体的な準備を進めていることが2日、明らかになった。仮想商店街事業では楽天ヤフーが先行しているが、ネットショッピング市場は今後も急速な成長が期待されており、アマゾンは高いブランド力を武器に新規参入し、市場を開拓する。

ネット上のショッピングモールである仮想商店街事業といえば、楽天市場ヤフーショッピングという両巨頭がほとんどを占めています。

その仮想商店街事業に、ついにアマゾンが参入することになりそうです。

アマゾンといえば、一昔前は 『 書籍・CD・DVD 』 というイメージがあったのですが、現在では、かなり幅広いジャンルの商品を扱っています。商品によっては、すでにアマゾンからの発送ではなく、違う小売店からの発送になっているものもありますよね。

オンラインショッピングの世界では、アマゾンというブランドはかなりの力を持っているでしょうから、楽天市場ヤフーショッピングはかなりのシェアを割かれてしまうのではないでしょうか?

この三つ巴の戦いで、消費者にとって、サービスの向上などのメリットが生まれてくるといいですね。

スポンサーサイト

【オススメ】無料でできる英語学習SNS『iKnow』

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://neta55.blog71.fc2.com/tb.php/218-d203a444

トラックバックは、管理人ネタ55の承認後表示されます。承認までしばらくお待ちください。
なお、記事中に言及リンク(ブログのURL)が含まれていない場合は、トラックバックがはじかれる設定になっていますので、ご了承ください。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。