スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子供部屋は何のためにある? 

子ども部屋と学習机は「物置」でいい!という記事より。

小学校入学を前に、あるいは幼稚園入園を機に、そろそろ「子ども部屋」を……なんて、考えていませんか? 確かに、新しいことが始まる季節に生活を改めるのはとてもいいこと。それに「形」から入りやすいパパ&ママにとっては、子ども部屋や学習机のような目に見えるものを揃えることで、入園・入学へのワクワク感も高まりますよね! でも本当にそうでしょうか……?

親としては、せっかく用意した子供部屋や勉強机ですから、子供達がそこで勉強したりすることを願うのでしょうが、そんなふうになることはレアケースでしょう。

ということで、この記事では、そんなことにこだわらずに、親も子供もストレスフリーに過ごすための「スペース」として利用しませんか、という提案をしています。

「入園・入学するから子ども部屋を!」と四角四面に考えず、その家の部屋数や家族構成にあわせて、フレキシブルに「子ども部屋と学習机」を考えていきましょう。

子供部屋に限らず、いろんなことについて常識的な考え方にとらわれず、状況に合わせてフレキシブルに考えられるといいですよね。

と、そんなことを考えた記事でした。

スポンサーサイト

【オススメ】無料でできる英語学習SNS『iKnow』

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://neta55.blog71.fc2.com/tb.php/232-73ab8616

トラックバックは、管理人ネタ55の承認後表示されます。承認までしばらくお待ちください。
なお、記事中に言及リンク(ブログのURL)が含まれていない場合は、トラックバックがはじかれる設定になっていますので、ご了承ください。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。