スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

実物大のガンダムが見られるのは・・・ 

全高6メートル「ガンダム」おもちゃの街に立つという記事より。

 バンダイは今月28日、栃木県都賀郡壬生町に「おもちゃのまちバンダイミュージアム」をオープンする。24日に内覧会が行われ、バンダイが所蔵する3万点の玩具のコレクションの一部や、米国の発明王エジソンが作った蓄音機や電球、映写機などが披露された。

エジソンの発明品は世界的にもトップレベルにあるコレクションだそうで、300点もあるらしい。ほかにも貴重なコレクションや、企画展を用意しているようです。

また、記事によるとこの施設自体かなり広いようです。

 バンダイでは03年、玩具の工場団地となっている「おもちゃのまち」に玩具のコレクションを収集・管理するセンターを開設。「おもちゃのまちミュージアム」はこの敷地内にオープンした。施設面積は館内1240平方メートル、屋外3000平方メートルの計4240平方メートルで、各コーナーを合わせた展示総数は約7000点。

・・・などと言いながら、ネタ55の一番興味があるのは、↓だったりする(;^_^A

 ホールにはロボットアニメ「機動戦士ガンダム」に登場する「ガンダム」を設定上の大きさで再現した、全高6メートルの半身像を展示している。

気軽にいつでも見れるわけではないようですが、一度は行ってみたい施設です。

 一般公開日は不定期だが、6月30日までは土・日・祝日に公開し、以降は四半期ごとに公開日を決めて公表する。料金は高校生以上の大人が400円、4歳から中学生の子供が300円、3歳以下は無料で団体割引も用意する。
スポンサーサイト

【オススメ】無料でできる英語学習SNS『iKnow』

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://neta55.blog71.fc2.com/tb.php/261-e7fd9626

トラックバックは、管理人ネタ55の承認後表示されます。承認までしばらくお待ちください。
なお、記事中に言及リンク(ブログのURL)が含まれていない場合は、トラックバックがはじかれる設定になっていますので、ご了承ください。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。