スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もっとも地球に似た惑星を発見! 

「最も地球に似た惑星」欧州の天文台発見 表面に岩や海という記事より。

 欧州南天天文台(ESO)は24日、これまでに見つかった太陽系外惑星の中で「最も地球に似た惑星」を見つけた、と発表した。平均温度は0~40度で、生命の誕生に不可欠な液体の水が存在できる。表面は地球のように岩や海で覆われているとみられるという。

ドキドキワクワクするニュースですね。

今回見つかった惑星は、太陽より小さな恒星のまわりを13日間の周期で回っているということです。この惑星と恒星の間は、太陽と地球の距離に比べて14分の1の距離しか離れていないそうなのですが、恒星の温度が低く0~40度の気温を保っているそうです。

水が液体で存在できるということで、生命の存在する可能性が期待されます。

 観測チームは「将来の太陽系外の生命探査で、最も重要な探査対象になる」と強調している。

もっと詳しく調べられる日が来るのが楽しみですね。

ちなみに、この惑星の直径は地球の1.5倍、重さが5倍ということなのですが、重力の計算とかできるもんなんでしょうか?

宇宙は好きなのですが、物理?(というか小学生時代の理科から)は苦手なもんで、よくワカランのです(^_^;)

スポンサーサイト

【オススメ】無料でできる英語学習SNS『iKnow』

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://neta55.blog71.fc2.com/tb.php/262-8ee570fd

トラックバックは、管理人ネタ55の承認後表示されます。承認までしばらくお待ちください。
なお、記事中に言及リンク(ブログのURL)が含まれていない場合は、トラックバックがはじかれる設定になっていますので、ご了承ください。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。