スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自転車事故を起こした中学生側に約750万円の賠償命令 

無灯火自転車で女性重傷 中学生側に賠償命令という記事より。

自転車同士の衝突事故で足を骨折する重傷を負った事故当時72歳の女性が、ぶつかってきた事故当時13歳の男子中学生と両親に計約1540万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が15日、東京地裁であった。佐久間邦夫裁判官は中学生と両親に約750万円の支払いを命じた。

なぜこういう判決が出たかというと、この中学生、夕方の暗い道を前照灯をつけずに運転していた上に、前をよく見ていなかったらしい。

しかも、この中学生の母親が、事故後中学生に語ったセリフには耳を疑います。

母親が事故後、中学生に「警察官には『相手がぶつかってきた』と言うように」と指示していた

相手に罪をかぶせて自分の息子を守ろうとしたのでしょうが、やり方が完全に間違っています。激しく反省すべきかと。

とにかく、前を見てふつうに自転車を運転していれば避けられた事故のように思われます。

最近は、携帯電話でメールを打ちながら自転車に乗っている人をよく見かけます。

今回の判決は、その代償としてこんな事態になることもあるという、一種の警鐘となるのではないでしょうか。

スポンサーサイト

【オススメ】無料でできる英語学習SNS『iKnow』

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://neta55.blog71.fc2.com/tb.php/280-406932e9

トラックバックは、管理人ネタ55の承認後表示されます。承認までしばらくお待ちください。
なお、記事中に言及リンク(ブログのURL)が含まれていない場合は、トラックバックがはじかれる設定になっていますので、ご了承ください。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。