スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

突き指に対する正しい対処法 

突き指を引っ張るのは禁物という記事より。

 ボール遊びや転倒して起きやすいケガの1つが突き指です。軽いケガと思われがちですが、捻挫や脱臼、骨折など重症のものが多く、専門的な診察と治療が必要になります。

突き指というと、すごく一般的なケガのように思っていませんか。ネタ55もそうでした。

しかし、実態は・・・

 炎症程度で湿布治療ですむものは30%くらいで、残り70%は捻挫や脱臼、骨折など重症のものであり、レントゲン検査など専門医の診察を受ける必要があると言われてます。

なんだそうです。

マジですか・・・( ・_・;)

って感じです。

それに、突き指した時によくやる「指を引っ張る」という行為。実は・・・

 応急処置でよく指を引っ張る人がいますが、これは禁物。脱臼の場合は引っ張って直すこともありますが、靱帯損傷や骨折をしているとかえって悪化させる恐れがあります。

そりゃ、骨折してるところを引っ張ったらダメですわな。

う~ん、今まで大丈夫だったのは、単にラッキーなだけだったのか・・・。

ちなみに、対処法は以下のページなどを参考に・・・。
→ CARE #05 [手に発生する障害]
→ 突き指のウソ・ホント 整形外科でX線を! - [家庭の医学]All About

スポンサーサイト

【オススメ】無料でできる英語学習SNS『iKnow』

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://neta55.blog71.fc2.com/tb.php/87-38cc3842

トラックバックは、管理人ネタ55の承認後表示されます。承認までしばらくお待ちください。
なお、記事中に言及リンク(ブログのURL)が含まれていない場合は、トラックバックがはじかれる設定になっていますので、ご了承ください。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。